練馬区 パート看護師

患者さんから暴言!患者さんは精神的な辛さを紛らわす為に看護師に当たるしかないんだから我慢しなさい、と言う師長の言葉に納得できません!だって看護師に当たらない患者さんだって沢山いますけど!

看護師は、精神的にも肉体的にもとても大変な仕事です。
排泄物や汚物、吐物の処理など、普通の人であれば嫌がるような業務内容も多く、負担のかなり大きい仕事です。
まさしく、世の為人の為に一生懸命に働く仕事だと思います。
病棟で働いていると、毎日残業はあるし、日勤、夜勤と不規則な生活になるし、ストレスも溜まってしまいます。
でも、このような仕事を頑張ってこなす事ができるのも、患者さんに早く良くなって欲しい、
という思いがあるからなんです。
時々、患者さんから励まされたり、ありがとうという感謝の言葉をかけてもらう事があるんです。
そのような時には、仕事を続けていて良かったなと思います。
そして、患者さんの為に頑張ろう、という気持ちになります。

 

でも、患者さんの中には、入院生活のストレスからか、暴言を吐いたり、暴力を振るう方もいるんです。
看護師に何か落ち度があったり、ミスしたというのであれば、納得する事ができますが、
ただ機嫌が悪かったり八つ当たりなんです。
あまりにも暴言や暴力行為が酷い患者さんがいたので、師長に訴えた事があります。
師長からは、病気による精神的な辛さから看護師に当たっているんだから、我慢しなさい、と言われました。
私達は納得する事ができませんでした。
もっと辛い患者さんは沢山いるのに、皆さんが看護師にキツく当たっているというわけではありません。
辛さを我慢している患者さんは沢山います。

 

患者さんだからと言って、何を言っても許される訳ではないと思うんです。
このような状態だから、モンスターペイシェントと呼ばれる患者さんが増えてしまうんだと思います。
なんとか改善しないと、このままだとますます患者さんに悩まされてしまいそうです。