夜勤専従 看護師

介護系の職場では、看護師よりも介護士やケアマネの方が権力を握っている!??看護師の役割について。

看護師は、病院やクリニック以外に、介護施設でも多くの需要があります。
デイサービス、訪問入浴、ショートステイなど、介護施設にもいろいろな種類がありますが、
その中でも老健は一番医療に近い施設です。
看護師の人数も比較的に多く、ドクターが常勤している事もあり、医療行為を必要とします。
介護施設の中で、24時間ナースが常勤しているのは、老健くらいだと思います。

 

介護施設というのは、病院やクリニックと違い、看護師よりも、介護士やケアマネが沢山働いています。
介護が中心の職場ですから、介護士やケアマネの意見が重視される傾向にもあります。
そのような職場での看護師の仕事は、バイタル測定や入浴の可否、簡単な処置や服薬管理が主です。
急変などがあった場合には、病院に搬送していますから、医療行為はそれほど必要としません。
看護師としての業務以外に、介護の手伝いや、利用者の方とコミュニケーションを取る事が重要となる職場です。

 

介護施設では看護師の人数が少ないので、ケアマネの方が権力が強いところは多いです。
常にケアマネに確認、そして許可を取り、体調不良などちょっとした事でも、ケアマネへ報告する必要があります。
ケアマネはドクターとのやり取りも行いますから、看護師の権力というのはあまりないかもしれません。
その為、病院でバリバリ働いていたような方は、ケアマネや介護士との意見の食い違いが起こり、
トラブルに発展する事もあります。
介護施設で働く場合には、病院で勤務している時と考え方を変える必要があります。
あくまでも介護が主体の職場ですから、看護師の判断ではなく、ケアマネの判断で業務が回っています。
介護施設の環境をしっかり理解する事が大切です。